コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズの
選び方

毎日使うなら2WEEK。たまに使うなら1DAY。
つけ心地がいいのはソフトコンタクト。
見え方がいいのはハードコンタクト。

たくさんの種類があるコンタクトレンズ。だから、ご自身に最適なものを見つけるのは大変な作業です。

このページでは、コンタクトレンズの種類と選び方をご紹介します。

コンタクトレンズの選び方

ソフトとハード、なにが違うの?

ソフトとハード、
なにが違うの?

ソフトコンタクトレンズは、水分を多く含んでいて柔らかく、目になじみやすいのが特徴。大きめサイズで、ズレにくいのも魅力です。酸素を通す量についてはハードと比べれば低め。比較的眼が乾燥しやすく、汚れがつきやすいのもマイナスポイントですが、1dayや2week、1ヶ月など、使用期間で選ぶことが出来ます。 ※最近は、シリコン素材を使用した酸素をたくさん通すものも徐々に出てきています。 ※1dayタイプ以外は、お手入れが必要です。
ハードコンタクトレンズは、硬質タイプで高い耐久性が特徴。使い捨てではなく、長期間使用するものです。酸素を通す量が多いものが多く、目に負担が少ないのもポイント。また、矯正力も高く乱視の矯正に強いのも魅力です。ただ、お手入れも必要で、破損しやすい、サイズが小さく角膜からズレやすいといったデメリットもあります。

コンタクトを選ぶ3つのポイント

コンタクトを選ぶ
3つのポイント

ライフスタイルで選んでみる

ライフスタイルで選ぶ

コンタクトレンズの使い方や使う頻度は、ひとそれぞれ。眼鏡との併用やハードとソフトの併用なども考えられます。 お試しなども利用して、自分に合った種類とペースで、選びましょう。

毎日使いたい方

1dayタイプ、2weekタイプ、ハードコンタクト
毎日使う場合は、費用が安めというのもポイントになりますよね。2週間タイプ、ハードコンタクトが選択肢となりますが、メンテナンスが苦手な方は、多少費用がかかっても1日タイプを選んだほうが、眼のためにも良いかも。

時々使いたい方

1dayタイプ
眼鏡と併用したいなど、必要な時だけ、時々使用する場合は、1日タイプが最適。自分のペースに合わせて、都度開封して使用できるので、安心・安全な選択です。

スポーツの時に使いたい方

1dayタイプ、2weekタイプ
スポーツの時だけ使いたい場合は、1日タイプが最適。スポーツでは、汗やホコリなどレンズが汚れやすい要素が多くあるため、衛生面でも安心です。

ライフスタイルで選んでみる

なるべく目に良いものを使いましょう

眼には酸素が必要です。酸素を通す量が少ないコンタクトレンズを長時間装用することは、眼にフタをしている状態ですから、その負担も相当なもの。できるだけ酸素を供給して負担を減らすためにも、酸素を通す量が多いものを選びたいところです。

酸素を通す量が多いもの‥‥シリコン素材のソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ
※シリコン素材のコンタクトレンズは、ソフトでも酸素を通す量が高いのがポイント。例えば、今まで「20」くらいの酸素を通す量がシリコンだと「100」以上が目安になります。

なるべく目に良いものを使いましょう

販売元がしっかりとわかるものを選びましょう

コンタクトレンズは海外製品がほとんどです。だからこそ何処でつくられているのか、何処のメーカーが販売しているのかが重要。安さや見た目で選んでしまって、あとで後悔しないためにも、販売元の確認を。
大沢象雲堂では、スタッフが責任を持って、安心なコンタクトレンズをご提案いたします。

販売元がしっかりとわかるものを選びましょう

大沢象雲堂では、皆さまのご状況やお悩みなどを伺って、さまざまにご対応させていただきます。

不安や小さな疑問など、いつでもご相談ください。

レンズのお試し

レンズのお試し

レンズをお試しいただける期間は、
*1DAY…5日間
*2WEEK…2週間
*マンスタイプ…1カ月
*ハードタイプ…1カ月
お試し中は、見え方や使い方を気にしながらご使用下さい。気になる点などは、その都度ご相談を承ります。

対面でのご相談

対面でのご相談

対面での1対1の対応ですので、安心して、たくさんご質問ください。
実際にコンタクトを手にとって選ぶことも、可能です。
コンタクトレンズのメリットやデメリットをわかり易くお伝えします。

購入後も安心サポート

購入後も安心サポート

『レンズを無くしてしまった』『左右の度数が分からなくなってしまった』など、お問い合わせ頂ければ、すぐにご対応いたします。
また、ご購入頂いたコンタクトレンズを使用されなかった場合、未開封であれば返品交換を承っております。